新着情報

ぴかぴか(新しい)NEWぴかぴか(新しい) 新着情報 ぴかぴか(新しい)NEWぴかぴか(新しい) 
・院長日記をはじめました!  >>院長日記はこちら

・ホームページを開設しました!

1)低周波療法で【マッサージ効果】

 画像 131_20%.JPG低周波療法は、プラス極が神経を刺激することで神経や筋肉の収縮などに働きをもたせ、活発にさせていく効果があります。一方、マイナス極は神経の働きを抑える効果があります。

 このような筋肉収縮を活発にさせて、マッサージ効果を得られるによって、血行促進、リンパ液の循環を促進して、凝りや浮腫み、痛みの緩和、ダイエットなどに使われます。

 

 

2)低周波療法で【神経伝導に働きをかけ、活発に改善をさせたり、抑制させたりする効果】

 画像 130_20%.JPG低周波療法は、末梢神経麻痺、神経障害、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、心臓ブロック、上室性頻拍症などに使われます。

 私達生物の体の中では脳や心臓、神経や筋肉など微弱な電気を発しています。この生体電気によって、私達生物の体は正常に機能しているとも言われています。 

 しかし、生体電気が正常に働かなくなると、体にはどこからか異常が起こって、病状が出てきます。低周波療法は外部からの微弱電気を体に与えることで、体の異常な状態を正常へと戻す手助けを行われています。

 

 

 

3)低周波療法で【免疫機能を調節する効果】

 低周波療法は自律神経のバランスを整えることによって、免疫機能を調節する効果も優れています。喘息、花粉症、アトピー性皮膚炎、リュウマチなどに使われています。